花色~あなたの好きなお花屋さんになりたい~

hanai6.exblog.jp
ブログトップ

アフロってちゃんと頭皮まで洗えるの?


こんばんは!
吹田千里丘のお花屋さん「花色」の弟の方です。

マイケル・ギルモアの「心臓を貫かれて」を読みました。
ノンフィクションなのでその事実を概説しておきます。

窃盗などの罪で仮出所中の身であったゲイリー・ギルモアは、
ユタ州プロヴォ近郊で2日の間に2人の罪もない青年を銃で殺害した。
はした金ほしさに行われた犯行は、
父権的なるものに対する深い憎しみとドラッグでゆがめられた頭によって行われ、
たまたまその場に居合わせただけの2人の青年の未来と家族の希望を奪い去る、慈悲なき殺人であった。
すぐに逮捕されたゲイリーだったが、全米中の耳目を集めることになるある宣言をすることによって、
アメリカの歴史に名を刻む殺人者となった。
「私は男らしく死にたいと思う」と彼は臆面もなくその法廷で言った。
「銃殺刑を、私は求める」と。

この宣言は文字通り全米を揺り動かすことになる。
何故なら当時、「死刑は合憲である」という判決が下されていたものの、
アメリカの世論は死刑廃止に傾いていたからだ。
もし宣言通りに処刑が行われれば、
10年近く行われていなかった死刑制度を復活させることになる。
ゲイリーは連日ニュースのトップを飾り、群がるメディアを通じ国民を盛り上げる発言を行った。
多くの人々はそんな彼を忌み嫌ったが、一部の人はヒーローであるように称賛した。

また死刑は、国家の手による自殺の幇助ということにもなる。
なにか宿命的とまで言えるような力によってゆがめられ、損なわれ続けたゲイリーの人生は、
命を絶つこと以外にその行き場を求めることが出来なくなっていた。
それはまさに呪いのように…
そしてその呪いは血の贖いを求めていた。

「心臓を貫かれて」は殺人の物語である。
それを著した実弟のマイケル・ギルモアは、
この本を書くことによって、
兄を殺人へと駆り立てたポイントを探り出そうと試みる。
引き裂かれた心から、憎しみから、入り込んできたなにかがあるはずだと。
そしてそれがゴーストのように兄を捕らえたのであれば、
それがどこからやってきたのか知らなければならない。
なぜならそのゴーストは同じ血を引く自分を捕まえに来るに違いないからだ。

僕は「心臓を貫かれて」を読んで、
ゲイリーを身の毛もよだつ殺人者だとは思わなかった。
その憎しみは誰もが持つ憎しみの延長線上にあるものであったし、悲しみもそうであった。
ページを繰りながら思うのは、
人間が別の人間を深く損なっていくことの恐ろしさだった。
そしてそれは救い難い負の連鎖を生んでいく。
ただゲイリーの最良の部分はその暗部が最も醜い形をとった時でさえ、
損なわれていないように思われた。
母親に対する愛情は目的を見失ってはいても深みがあり、
兄弟にかける言葉はどれも機知に富んでいて思いやりがある。

なぜこうなってしまったのか僕には分からないし、うまく言えないのだけれど、
これはゲイリーの乗った列車が間違った方向へ分岐器を切り替えてしまったというような、
枝葉の話ではなく、根っこまで、いや、むしろ大地まで遡らなければならないようなもので、
人間がそしてその社会が人知れず生み出してきた醜く恐ろしい負の遺産を、
生々しく受け継いだというか、その大きな代償をゲイリーが支払ったというような気さえする。
それを恐らくマイケル・ギルモアはゴーストと呼んでいる。
ある時代のあるポイントにそれは間違いなく現れるのだろう。
果たして僕らはそれから逃げることができるのだろうか。

最後にこの本に引用されているゲーテの言葉で、
なにかこの本を読む前から僕がぼんやりと感じていて、
読んだあとにその思いを強くした言葉を紹介する。
「わたしは自分を罪ありとみなさない罪科はこの世にはない」

さて、フラワーアレンジメントの紹介です。
e0375748_16405478.jpg
お悔やみのお花です。
使っている花材は、バラ「アヴァランチェ」、カーネーション、トルコギキョウ、
スノーフレーク、カスミソウ、馬酔木、アイビー、利休草です。
e0375748_16403813.jpg
試合が終わった瞬間は悔しさと共に清々しさもあって、
夢が見られる一歩手前、その一歩にどれほどの困難があるのか僕には想像も出来ませんが、
そこまでたどり着けた我らが日本代表に拍手です。
ああ~でも悔しいな…アフロが2人もいるんだもんな~
普通1グループにつき一人だよな~
スキマスイッチだってそうだし、トータルテンボスだってそうだし。
ベルギーではアフロがトレンドなの?

あっでもブラジル代表にもマルセロとウィリアンがいるか。


見て頂きありがとうございます。
ランキングに参加しています。
クリックしていただくとランキングに反映される仕組みです。
「ポチっ」とお願いします!!003.gif

.......................................................

■2018年7月のお休み

1日(日)、8日(日)、15日(日)、16日(月祝)、22日(日)、29日(日)

.......................................................


flowershop花色
大阪府吹田市千里丘下3-1
tel(06)6875-9113
mail:info@hanairo8716.com
open10:00~close19:00
定休日:日曜日(その他年始、夏季休暇など)

※花束・フラワーアレンジメントは予約制です。
3日前(~前日)までにご予約をお願いします。※月曜日午前中分は4日前までにお願いします。
特に土曜日は、日曜定休日のためお花がなくなってしまいますので事前予約をお願いします。
お手数をお掛けして誠に恐れ入りますが予約に合わせた仕入で新鮮なお花を提供したい想いがあります。
また少人数で営業していますので事前予約にご理解いただけますと幸いです。


※花束・フラワーアレンジメントなどの
ご予約、お問い合わせなどお気軽にお待ちしております♪


友だち追加
友だち追加していただくと
LINEからもご予約・お問い合わせいただけます♪
24時間いつでもお気軽にご連絡ください。110.png

[PR]
by hanairo8716 | 2018-07-04 17:52 | フラワーアレンジメント