花色~あなたの好きなお花屋さんになりたい~

hanai6.exblog.jp
ブログトップ

野良猫を保護するということ。

e0375748_00224254.jpg
寒風が吹きすさぶ一月の頃。
冷たい雨も降れば雪になることだってある。
母親とはぐれて一人ぼっちになってるのか、
仔猫がゴミ箱を漁る姿を見かけるようになった。
e0375748_00351354.jpg
動物なのだからそんな環境に負けるほどヤワじゃない、
でも車に轢かれたら?
「可哀想」と口にするのは簡単だけど、
家に連れて帰ることは簡単なことじゃない。
e0375748_00440603.jpg
外に出すことは出来ないから、
ガラス越しの風景を見せることしか出来ない。
人間の勝手な都合で去勢もする。
「保護」は頼まれたものでもない。
e0375748_14282583.jpg
それでもいいからここが君の家だよと、
僕らは家族だよと迎えいれた。
逆に与えられるものばかりで、
僕にとっての帰るべき灯りとなった。
e0375748_19072852.jpg

そんな愛猫のために
不足の内にではあるけれども
何かを与えることが出来ているのか、
答えの出ないそんな問いを繰り返すことも多かった。
e0375748_19085403.jpg

でも13年経って思えるようになってきたことがある。
僕らはきっと幸せを共有しているはずで、
それを健気に育てていこうと
それをささやかに信じようと。


[PR]
by hanairo8716 | 2017-03-10 19:49 | 猫のこと