花色~あなたの好きなお花屋さんになりたい~

hanai6.exblog.jp
ブログトップ

優しさとすね毛


こんばんは!
吹田千里丘のお花屋さん「花色」の弟の方です。

人間というのはひどく厄介な生き物です、
人に優しくあろうと願うほど、優しさを求めるようになる。
自動販売機で120円の缶コーヒーを買うように、自らが支払う代価に見合う価値のあるものを求めるわけです。
そしてそれに見合うものを見いだせない時、特に自分に余裕がない場合はそれが苛立ちに変わります。
優しさを願うあまり優しさに執着してしまう。
それが間違いだとは思わないけど、
優しさとは願うものでも求めるものでもなく、守るものやと思うんです。
暗闇に灯されたささやかな火のように、
風に揺らいでいようとも消え入りそうであっても、
一旦その火を手にしたのなら守らなければならない。
誰にも気づいてもらえない孤独な灯台守になろうとも…

前置きが長くなったのですが、僕は上に書いたような優しき人ではなくて、
一人のおばあちゃんのある言葉でそんなことをぼんやりと思ったんです。

花色の古くからのお客様である2人のおばあちゃんがいて、
2人とも80歳近くてお互いが友達なんです。(以下MさんとOさんと呼びます)
この歳になってくると友達が亡くなることが多いから、
お互い健康なのは有難いことやねって言ったりして…
花色が教室やってた頃は2人で来てくれたり…

でも3か月前くらいにМさんが足を怪我しはって入院したりしてなかなかお会い出来てなかったんです。
ほんでついこの前、退院したMさんの家にお花を届けたときに色々お話してたら、
「Oさんは元気にしてる?」ってMさんが聞きはったんです。
「最近はあまりお花届けてないからお会いしてないんです、連絡取ってないんですか?」
「入院する前に遊ぶ約束をしてたんやけど、怪我してバタバタしてたから連絡とれなかったんよ、
1か月前くらいにやっと落ち着いて電話してみたら、出てくれたんやけど私ってわかったらガシャンと切られてしまったの。
約束守れなかったこと怒ってるんかな」
僕は返す言葉に窮したんです。
するとMさんが、
「でもね、その時ちょっと聞いた声が元気そうやったから安心したの」って

その状況で「安心したの」と言えるMさんの姿勢に、
優しくあるというのはこういうものなのかと考えさせられました。

さて花束の紹介です。

e0375748_15124679.jpg
誕生日に奥様に贈る花束です、
カップ咲きのピンクの薔薇がまあいい香りです。

e0375748_15131061.jpg
他人にどう見られたいとかどうでもいいんです、
ただすね毛を剃りたいという純粋な衝動に駆り立てられて、
深夜に風呂場ですね毛を剃っていると、
人生に大した意味はないんだと肩の力を抜くことが出来ます。
そういえばサッカー部の後輩にすね毛が濃いだけで、
あだ名が「すね毛」のやついたな…

見て頂きありがとうございます。
ランキングに参加しています。
クリックしていただくとランキングに反映される仕組みです。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 花屋へ
「ポチっ」とお願いします!!003.gif

flowershop花色
大阪府吹田市千里丘下3-1
tel(06)6875-9113
mail:info@hanairo8716.com
open10:00~close19:00
定休日:日曜日(その他年始、夏季休暇など)

※花束・フラワーアレンジメントは予約制です。
3日前(~前日)までにご予約をお願いします。
特に土曜日は、日曜定休日のためお花がなくなってしまいますので事前予約をお願いします。
お手数をお掛けして誠に恐れ入りますが予約に合わせた仕入で新鮮なお花を提供したい想いがあります。
また少人数で営業していますので事前予約にご理解いただけますと幸いです。


※花束・フラワーアレンジメントなどの
ご予約、お問い合わせなどお気軽にお待ちしております♪


[PR]
by hanairo8716 | 2017-08-30 18:03 | 花束 | Comments(0)